中国株投資で金持ち兄ィへの旅HOME>西部大開発


西部大開発〜中国株投資で稼ぐ勉強〜

 西部大開発とは東部沿海地域を優先的に発展させてきた中国政府の方針を転換して、社会・経済発展の立ち遅れた西部地区へ開発の重点を移行させるという発展戦略です。

 中国国民経済の持続的成長、地域間でバランスのとれた経済成長、民族の団結および社会安定を維持し、辺境防衛の強化を図るという大きな経済的意義、政治的意義をもちます。

 開発の重点が東部沿海地域から内陸へ向けてシフトしていくという意味で西部大開発では、中国の発展戦略は新たな段階に入ったと言うことができます。現在、低位株としての西部地区関連株も開発が進むに連れ、株価が上昇していくものと思われます。

 西部大開発は第10次五カ年計画のなかで重点事業と位置づけられていて、中央政府各機関および地方政府レベルにおいて計画重点策定は次の4つです。

・ インフラ建設

・ 生態環境保護

・ 産業構造の調整

・ 科学技術・教育の発展

 西部大開発は、短期的にはインフラ整備等投資の増加により、GDP成長率押し上げ要因となりますが、インフラ整備はあくまで経済活動のための基盤に過ぎず、これによりすぐに外資による中西部地域への投資が活発になるとはまだまだ考えられません。

 東部地区は外資導入、輸出拡大により飛躍的な発展を遂げています。一方、西部地域はインフラ不足のため輸出はいまのところ困難です。それでは国内販売ができるかというと、西部の人口は8億人と潜在的市場は期待されるものの、一部都市を除けばほとんどは農民であり、農産物価格の低迷およびWTO加盟の農業への影響などから購買力が急速に向上することは期待できません。外需も内需も見込めない状況では外資系企業の進出は難しいでしょう。

 また東部地域では20年以上の改革開放の経験を通じて政府、企業関係者の考え方が国際的なスタンダードに徐々に近づいてきているのに比べ、西部地域は計画経済時代の考え方が依然払拭されていないことから、国内企業ですら中西部への事業展開を躊躇する例もみられます。

 第一段階として政府主導のインフラ整備、第二段階として企業の進出ということになると思います。インフラ整備は序々に進みつつあります。

 西部地域に進出した日系企業従業員から聞かれるのは生活インフラの欠如です。外国人も安心して利用できる住宅、病院、子女教育のための学校等は最低限のインフラであり、地方政府にはこれら生活インフラの重点的整備を要望されています。

 西部地域で特に有望なのがレジャー・観光産業です。春節(2月)、メーデー(5月、7連休)、国慶節(10月、7連休)と大型連休が相次ぎますが、毎年この期間中の旅行者数は、メーデー連休で4,600万人、国慶節連休では5,500万人、国内観光支出230億元とレジャーブーム到来を示しています。

 今後、工業インフラの建設とともに観光インフラを整えることにより観光産業を更に活発にし、国内の資金をうまく呼び込むことが重要です。日本においても自然と共生し観光産業でなりたっている地域は多々あります。

 今後、西部地区が開発されていくに従い、西部地区の農民8億人の生活が豊かになるころには中国株がかなり上昇しているものと思われます。


■中国のイベント
WTOに加盟して
人民元の切り上げ
北京オリンピック
上海万博
西部大開発
まだある!イベント

■ランキングサイトに参加中
中国株ランキング
株・投資エアーランク

■中国株投資・関連本
中国株投資に役立つ本(Amazon検索)
中国株投資に役立つ本(楽天検索)
中国株投資に役立つ本(Yahoo本)


中国株投資で金持ち兄ィへの旅HOME>西部大開発

[PR]中国株のベストセラーの著者・戸松氏のサイト【10万円から本気で増やす!中国株・インド株・日本株
[PR]10万円が1億円になる方法は?昭和30年代のホンダに投資していたら今は大金持ち、中国株は?

Copyright (C) 2004/09/07 「中国株で金持ち兄ィの旅」All Rights Reserved.
URL:http://richroad.fc2web.com/ mailto:richroad321◎hotmail.com

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO